総合内科専門医と眼科専門医が連携し、幅広い内科診療・総合診療、目に関する診療をいたします。消化器病専門医・消化器内視鏡専門医が胃カメラ検査・大腸カメラ検査にも対応。コンタクトレンズ処方もいたします。

胃・大腸カメラ

胃カメラ・大腸カメラ

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)について

胃カメラ胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)は、胃だけでなく食道や十二指腸の観察・検査をすることができます。
逆流性食道炎や、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの診断や、胃がん、食道がんの早期発見に有用です。
早期がんは、初期段階では症状がほとんどないため、定期的な胃カメラを行うことを推奨しております。
過去、内視鏡検査をされ、苦しい経験をされた方もおられるかと思います。
当院は経験豊富な内視鏡学会専門医である院長が検査を施行します。苦痛の少ない胃カメラを受けていただくため、患者さんと相談の上、局所麻酔に加えて静脈麻酔(ウトウトしている間に検査)に対応しています。
またカメラの挿入方法は経口(口から)と経鼻(鼻から)を選んでいただけます。
ご希望の方は当院へお問い合わせください。

  • 眠っている状態での胃カメラ(静脈麻酔法)
  • 鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡検査)
胃カメラでわかる病気はこちらから  胃カメラについてのよくある質問はこちら

上部消化管内視鏡検査のご予約はこちらから

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

大腸カメラ大腸カメラは盲腸から直腸までを観察し、大腸がんの早期発見に適した検査です。
下痢、便秘、血便、腹満感など、そのような症状がある方や、健診で便潜血陽性を指摘された方は積極的な大腸内視鏡検査をお勧めします。
症状がない場合でも、40歳を過ぎた方は定期的な検査をお勧めします。

大腸ポリープ切除について詳しくはこちら 大腸内視鏡検査の受け方についてはこちら

大腸カメラでわかる病気はこちらから 大腸カメラについてのよくある質問はこちら

下部消化管内視鏡検査のご予約はこちらから  

当院での検査の特長について

専門医

日本消化器内視鏡学会認定専門医である院長が内視鏡検査を致します。
勤務医時代は特に内視鏡を専門とし、検査はもとより治療内視鏡(ポリープ切除、早期胃癌・大腸癌切除、食道静脈瘤硬化療法、胆膵内視鏡(総胆管結石、胆管癌)、異物除去、緩和ステントなど)を20年近く行ってきました。

鎮静剤

上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査時、「オエッ」という反射や腹部膨満感、下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査時の腹部膨満感・腹痛等を軽減するため、静脈注射として使用します。麻酔をご希望の方、または医師が必要と判断した方に使用致します。

専用画像ファイリングシステム

検査後に撮影した映像を専用モニターにてお見せして詳細にご説明いたします。

炭酸ガス送気装置

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)は「つらい」というイメージが一般的にあるようですが、その原因の一つに「検査中、検査後のおなかの膨満感」が挙げられます。当科では炭酸ガス送気装置を用い検査中、検査後の腹部膨満感の軽減に努めています。
※炭酸ガスは空気に比べ、極めて生体吸収が早いため腸管内のガスがすぐに吸収されることから腹部膨満感が軽減されます。

内視鏡洗浄

当科では日本消化器内視鏡学会のガイドラインに基づいた洗浄・消毒、感染対策を徹底しています。

内視鏡室

クリニック情報

診療時間・休診日

診療時間
内科 9:00~12:00
内科16:00~19:00
眼科 9:00~12:00
内視鏡検査13:00~16:00

休診日火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図

〒599-8265 大阪府堺市中区八田西町2-6-46

泉北2号線よりすぐ
泉北水再生センター(泉北下水処理場)近く、堺インターチェンジ近く

南海バス「八田西団地」停留所下車・徒歩約4分
(JR「津久野」駅前、泉北高速「泉ヶ丘」駅 南海バスターミナルより12-2系統へご乗車ください)
お車でJR「津久野」駅より約6分
お車で泉北高速鉄道「深井」駅より約7分

お気軽にお問い合わせください

TEL:072-276-5070

駐車場完備(9台)

PAGETOP
Copyright © 2018 ましも内科・眼科クリニック All Rights Reserved.