堺・内視鏡『ましも内科・眼科クリニック』総合内科専門医と眼科専門医が連携し幅広い内科診療・総合診療、目に関する診療をいたします。消化器病専門医・消化器内視鏡専門医が胃カメラ検査・大腸カメラ検査にも対応。

胃カメラでわかる病気

胃カメラでわかる病気(写真はすべて当院症例)

胃カメラでは、胃だけでなく食道や十二指腸を直接観察することが可能です。
従来のバリウム検査では見つけることが困難な微細な病気を見つけることが可能です。
またバリウム検査では不可能な生検(病気の部分から組織を少量採取すること)が胃カメラでは可能であり、さまざまな疾患の早期発見や確定診断に役立ちます。
早期のがんは自覚症状がほとんどなく、胃カメラで発見可能です。
症状が現れる前に、がんリスクが上がる40歳になったら一度、カメラ検査を受けましょう。

食道

食道がん

食道がんは、喫煙者やアルコール摂取者に多いとされ、進行がんになるまでほとんど自覚症状がありません。
また、胃や大腸には一番外側に漿膜(しょうまく)という膜がありますが、食道にはそれがないため、リンパ節やほかの臓器への転移が起こりやすい傾向があります。
さらに、食道の外科的手術は難易度が高く、身体への負担も大きいため、できるだけ早期発見が重要になってきます。
早期食道がんであれば内視鏡治療で根治することが可能です。
胃カメラを受けることで、食道や咽頭も詳細に調べられますので、定期的な検査をお勧めします。

早期食道がん
早期食道がん
進行食道がん
進行食道がん

逆流性食道炎・食道裂孔ヘルニア

逆流性食道炎胃カメラ胃には胃酸から粘膜を守るメカニズムを備えていますが、食道にはそれがありません。
そのため、胃液の逆流が起こると食道は炎症を起こしてしまいます。これが逆流性食道炎です。食道裂孔ヘルニアは、本来腹部にあるべき胃の一部が食道のある胸部に飛び出してしまっている状態です。
食道裂孔ヘルニアになると胃液の逆流が起こりやすくなります。
逆流が起こると、炎症にともなう胸やけ、むかつき、胸部の痛み、咳、喉の違和感、喉が詰まった感じがする、声がれ、睡眠障害などの様々な症状がおこります。長期間の炎症により食道腺がんのリスクが高まるため、適切な治療が重要になってきます。重症の場合は食道は狭くなり食事が通過しなくなることがあります。写真は軽度のものと重症で狭窄を伴ったものとそれぞれ掲載しています。
逆流性食道炎の原因は、食道裂孔ヘルニアだけでなく食道や胃の蠕動運動の低下、肥満や加齢などの要因によって起こります。
そのため、治療には胃酸を抑える薬に加え、肥満や食生活の改善することも大切です。

食道静脈瘤

食道静脈瘤食道静脈瘤長期間による肝臓の炎症によって肝硬変となった方にできる病気です。
肝硬変では肝臓へ血液が流れにくくなり、その分が食道に流れ込んで静脈瘤(血管のこぶ)ができます。
瘤が大きくなって破裂すると吐血となり命にかかわるため、早期発見と治療がとても重要な疾患です。
治療は内視鏡でできることがほとんどです。
静脈瘤がみつかった場合は定期的な肝臓のチェックと胃カメラ検査が重要となります。

食道異物・咽頭異物

咽頭異物魚の骨、薬のシート(PTP)、ボタン電池などがあります。とがっているため、放置すれば食道や腸に穴を開けてしまう可能性があります。また電池などは漏れ出た液により腸などに強い炎症を起こし穴があくこともあり早急に内視鏡専門医を受診して異物を取り除く必要があります

食道乳頭腫

食道乳頭腫白い小さな隆起ができる良性の腫瘍です。胃酸の逆流によって起こるとみられています。経過観察で可能なことがほとんどです。

食道粘膜下腫瘍

食道粘膜下腫瘍食道粘膜下腫瘍粘膜表面にできる食道がんと違い、粘膜より深い層に発生する腫瘍です。悪性のことは少なく、大部分は良性腫瘍である平滑筋腫や血管腫です。
ただ、腫瘍が大きい場合や短期間で腫瘍が大きくなることがあると、悪性腫瘍の可能性があります。そのため、食道粘膜下腫瘍が見つかった場合には、腫瘍の大きさや形態をしっかり経過観察していく必要があります。

好酸球性食道炎

好酸球性食道炎食道のつまり感や嚥下困難などの食道症状があり、内視鏡による生検で食道上皮内好酸球が高視野で15個以上浸潤している慢性アレルギー疾患です。
わが国では稀な疾患とされてきましたが、近年、その報告数が増加してきています。臨床的には中年、男性に多く、約半数にアレルギー疾患を認めます。診断の契機となる症状として、食物つまり感や嚥下困難が最も多いですが、胸痛、胸焼け、胃痛などの症状を呈する場合もありますので、標準治療に反応しない症例では鑑別すべき疾患のひとつとして常に挙げるべきです。
内視鏡検査では、縦走溝やリング、白斑、狭窄など特徴的な所見がみられますが、感度、陽性的中率は低いので、生検が必須です。
当院での症例写真です。リング(輪状溝)と白斑を認めます。診断確定とカンジダ除外目的のため生検を施行したところ、内視鏡生検で好酸球20/HPFでした。

早期胃がん

早期胃がん早期胃がん早期胃がん胃がんは胃の粘膜表面から発生します。初期の段階では粘膜内にとどまっていますが、大きくなるにしたがって次第に粘膜下層、筋層、漿膜下層へ進みます。進行部分がどの深さまで達しているかを腫瘍の「深達度」と呼んでおり、T1からT4までの4段階に分類されます。
がんが粘膜または粘膜下層にとどまっている状態はT1と分類され、転移の可能性がほとんどないため、早期胃がんと呼んでいます。早期胃がんの中でも特に粘膜表面にとどまっている場合には手術ではなく胃カメラによる内視鏡治療で根治が可能です。
早期がんは検診目的でうけた内視鏡検査で発見されることが多く、ほぼ無症状です。胃がんはかなり進行してからでも軽い胃炎のような症状しかでないことが多いので、早期に胃がんを発見するためには定期的な内視鏡検査が重要となります。

進行胃がん

進行胃がん進行胃がん胃がんは時間とともに粘膜表面から深く浸潤していき、さらに進行すると肝臓やリンパ節へ転移していきます。進行胃がんは内視鏡では治療できないため、開腹による外科手術や抗がん剤などが必要になります。
進行胃がんの段階まで進んでも自覚症状がないこともあります。そのため、健診などで受けた胃カメラで進行がんがみつかることがあります

スキルス胃がん

通常の胃がんと異なり、がん細胞が胃の粘膜の下にばらばらに広がっていくタイプの胃がんです。転移を起こしやすく、進行が早いという特徴を持っています。また、発症が多いのは30~50歳の女性であり、比較的若い世代に多くなっています。
進行が早いため治療が進んできた現在でも死亡率が高く、また無症状なケースが多いため早期発見も難しい疾患です。リスクの高い方は若いうちから定期的に内視鏡検査を受け、ピロリ菌に感染していたら除菌治療を受けることをおすすめします。

胃腺腫

胃の粘膜に発生した良性の腫瘍であり、すぐに胃がんとなることは多くありませんが、数年間経過するとがん化するとされているため、定期的な経過観察が重要です。また形態や大きさによってがんが含まれる可能性が高い場合には内視鏡による切除を行います。胃カメラ時には生検(組織を採取)して病理検査を行い、胃がんと鑑別することが重要です。

ピロリ菌

胃に住む細菌で、日本人の1/2が感染しています(高齢者に多く、若者には少ない)。胃カメラ検査で、ピロリ菌の有無を調べることができます。ピロリ菌感染がない方は胃がんになりにくく、一方でピロリ菌感染がある、または以前に感染していた方は胃がんリスクが高くなります。そのため、ピロリ菌感染がわかったら、除菌治療を受けた上で、定期的な胃カメラ検査を受けて胃がんがないかを確かめることが重要になります。

胃潰瘍

胃潰瘍胃カメラ代表的な症状は胃痛です。原因はピロリ菌や鎮痛解熱剤をたくさん使用することによって起こります。ストレスで発生することもあります。胃の粘膜が傷付いて、深いところまで組織がなくなっている状態です。放置すれば多量出血や胃に穴があくことがあり、治療は必須です。胃がんと鑑別することも重要です。ピロリ菌感染がある場合、除菌治療を行うことで胃潰瘍の治療および再発防止につながります。脳梗塞予防や狭心症・心筋梗塞予防の薬の中には胃潰瘍の原因となるものがあり、それらの薬の継続が必要な場合は胃薬とセットで飲むことが大切です。

表層性胃炎

胃粘膜表面に炎症が起こっている状態です。暴飲暴食やストレス、薬剤などが原因とされています。胃酸過多の治療とともに、食生活・生活習慣の改善も重要です。

萎縮性胃炎

胃カメラピロリ菌が原因です。ピロリ菌に感染すると慢性的な炎症が続き、粘膜が萎縮し、胃がんのリスクが高まります。萎縮が高度に進行するとピロリ菌すら生息できなくなり、検査ではピロリ菌陰性と出ることがあります。ただし、以前はピロリ菌に感染していて、萎縮性胃炎の進行によりピロリ菌陰性になった状態は、胃がんリスクが最も高く注意が必要です。
萎縮性胃炎の治療は、ピロリ菌の有無を調べ、除菌することです。また胃カメラを定期的に受けて胃がんの合併がないかチェックすることが大切です。

鳥肌胃炎

鳥肌胃炎鳥肌胃炎胃の炎症のひとつです。鳥肌のように見えることからこの病名がついています。ピロリ菌感染とのつながりが指摘されており、胃がんの中でも進行の早いスキルス胃がんにもかかわっているとされているなど、胃がんリスクが高い炎症です。ピロリ菌が陽性であれば除菌治療が有効です。胃がんのリスクを考え、定期的な胃カメラが重要です。

胃底腺ポリープ

胃カメラ良性のポリープです。ピロリ菌に感染していない健康な胃にできやすく、女性ホルモンとの関連性が指摘されています。悪性化する可能性は低いため治療不要ですが、定期的に個数や大きさなど変化がないか定期的に胃カメラをお勧めします。

胃過形成性ポリープ

胃過形成性ポリープ胃カメラ胃底腺ポリープと異なり、ピロリ菌が関係していることが多いです。除菌により消失することもあります。サイズが大きいものや形状によっては内視鏡切除による治療が必要な場合があります。

胃アニサキス症

胃アニサキス症胃アニサキス症サバ、イカ、サケ、アジ、タラ、カツオなどにアニサキス(寄生虫の一種)が寄生しており、それらを生で食べることにより、感染して起こります。冷凍や加熱によって死滅するため感染予防に重要です。肉眼で見える程度の大きさのため、適切な処置が行われていれば生食しても感染するリスクはほとんどありません。
感染すると、胃に強い痛みが現れます。人間の体内ではアニサキスは生き続けることはできないため、いずれ痛みは治まりますが、かなりの激痛となる場合もあります。治療は内視鏡によるアニサキスの虫体を除去することです。生魚を食べたあとに胃に強い痛みが起こったら、内視鏡専門医を受診してください。
当院では専門医である院長が緊急で内視鏡を行い除去致します。

胃静脈瘤

胃静脈瘤長期間による肝臓の炎症によって肝硬変となった方にできる病気です。肝硬変では肝臓へ血液が流れにくくなり、その分が胃に流れ込んで静脈瘤(血管のこぶ)ができます。瘤が大きくなって破裂すると吐血や下血となり命にかかわるため、早期発見と治療がとても重要な疾患です。治療は内視鏡でできることがほとんどです。静脈瘤がみつかった場合は定期的な肝臓のチェックと胃カメラ検査が重要となります。

胃粘膜下腫瘍

通常の胃がんとは異なり、粘膜より深い層にできる腫瘍です。胃カメラでは粘膜が盛り上がっているように見えます。サイズが小さい場合は良性であることがほとんどであり、定期的な経過観察で変化がないかをみていきます。サイズが大きいものや形状によっては悪性腫瘍(胃GIST(消化管間質腫瘍))の場合があり、その際には外科手術や抗がん剤治療が必要になります。

胃憩室

胃カメラ憩室はポケット状に外側に飛び出たもので、胃の筋層が弱い部分に発生します。胃カメラ検査ではくぼみとして観察されます。良性のため治療は不要です。憩室による症状はなく、検査時に偶然見つかることがほとんどですが、稀に出血などの原因となることがあります。



十二指腸

十二指腸がん

胃がんや大腸がんのように頻度は高くなく、稀です。早期であれば内視鏡治療となりますが、進行した場合は外科手術が必要です。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍胃潰瘍と同様に、十二指腸の粘膜が傷ついて潰瘍化し、ほとんどのケースで腹痛を生じます。放置すれば多量出血や穴があくことがあり、治療することが大切です。原因ではピロリ菌感染が多く、若い方にも多い疾患です。治療はピロリ菌感染の有無を調べ、感染がわかったら除菌治療を行います。また胃酸を抑える薬が必要となります。

十二指腸腺腫

十二指腸腺腫十二指腸腺腫十二指腸腫瘍は比較的まれな消化管腫瘍のひとつです。最深部の十二指腸までしっかりと検査することにより、発見される機会が徐々に増えています。腺腫のような良性の腫瘍から、癌のような悪性腫瘍もあります。
腺腫や比較的早期癌と考えられる腫瘍には内視鏡での切除が可能な場合があります。しかし、腺腫や早期癌であっても広がりが広範囲に及ぶ場合や、進行した癌と診断された場合は手術が必要となってきます。



咽頭

咽頭腫瘍

咽頭腫瘍咽頭は通常胃カメラの際、観察しない施設も多いですが、当院では経鼻挿入や静脈麻酔併用時などはできる限り観察するように努めております。
写真は当院で発見した下咽頭腫瘍の症例です。下咽頭に発生する腫瘍の大部分は扁平上皮癌で良性腫瘍は比較的少ないです。
下咽頭癌は頭頸部癌の内10%余りを占める癌で最近は徐々に増加傾向を示しています。 発癌には喫煙・飲酒の習慣が大きく関与しているといわれています。

クリニック情報

診療時間・休診日

診療時間
内科 9:00~12:00
内科16:00~19:00
眼科 9:00~12:00
内視鏡検査13:00~16:00

休診日火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図

〒599-8265 大阪府堺市中区八田西町2-6-46

泉北2号線よりすぐ
泉北水再生センター(泉北下水処理場)近く、堺インターチェンジ近く

南海バス「八田西団地」停留所下車・徒歩約4分
(JR「津久野」駅前、泉北高速「泉ヶ丘」駅 南海バスターミナルより12-2系統へご乗車ください)
お車でJR「津久野」駅より約6分
お車で泉北高速鉄道「深井」駅より約7分

お気軽にお問い合わせください

TEL:072-276-5070

駐車場完備(9台)

内科|詳しくはこちら 消化器内科|詳しくはこちら 眼科|詳しくはこちら 内視鏡検査|詳しくはこちら 健康診断|詳しくはこちら 予防接種|詳しくはこちら 医療機関様へ|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら
初診の方へ 診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2019 ましも内科・眼科クリニック All Rights Reserved.