堺・内視鏡『ましも内科・眼科クリニック』総合内科専門医と眼科専門医が連携し幅広い内科診療・総合診療、目に関する診療をいたします。消化器病専門医・消化器内視鏡専門医が胃カメラ検査・大腸カメラ検査にも対応。

大腸カメラでわかる病気

  • ホーム »
  • 大腸カメラでわかる病気

大腸カメラでわかる病気

大腸カメラ大腸がんの発見と予防の双方において非常に重要な検査で、誰もが40歳を過ぎたら一度はすべき検査です。
内容は、下剤で大腸をきれいにした後、太さ10~13mmの内視鏡を肛門より挿入し、全大腸において、ポリープ・腫瘍・炎症・その他異常がないかを直接観察する検査です。検査時間は検査目的や見つかったポリープの数や大きさにより異なりますが、10~30分程度です。

大腸がん

動物性脂肪の過剰摂取や、食物繊維の摂取不足など、食生活の欧米化によって日本人の大腸がんは増え続けています。2014年に行われた調査では、大腸がんが女性のがん死亡原因の第1位であり、男性の死亡原因でも第3位でした。さらに、2020年には男女ともにがん死因の第1位になると予測されています。
大腸がんは早期発見すれば完治が望める病気です。大腸ポリープが大腸がんの原因であるため、ポリープの段階で内視鏡的に切除してしまえば大腸がん予防になります。予防も可能なのに大腸がんで亡くなる方がこれほど多い理由は、かなり進行してしまうまで自覚症状がほとんどないこと、そして一般的に行われている便潜血検査は進行した大腸がんでも陰性となる可能性があります。便潜血検査が陰性でも大腸がんはないとは言えませんし、ポリープなどでは便潜血検査は大部分が陰性となるため注意が必要です。
以上のことから、早期の大腸がんを見つけるためには、定期的な下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)が不可欠です。カメラ検査はバリウム検査と異なり、粘膜を直接観察できるため、早期の大腸がんやポリープをより見つけることができます。さらに、カメラ検査では早期大腸がんやポリープを発見したら、その場で切除することも可能です。
便潜血検査で陰性だと安心してしまうと、大腸がんやポリープの発生を見逃してしまうことになる可能性がありますので、大腸がんリスクの上昇する40歳を越えたら、一度、大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。

早期大腸がん

大腸カメラ粘膜にできた初期の大腸がんです。この段階であれば、内視鏡で切除可能ですし、完治も見込めます。

進行大腸がん

大腸カメラ大腸カメラ粘膜より深い部分にがんが侵入した状態で、リンパ節やほかの臓器への転移を起こす可能性があります。外科手術や抗がん剤などの治療が必要です。

大腸ポリープ(大腸腺腫)

大腸カメラ大腸カメラ良性の大腸腺腫です。放置するとポリープは大きくなり、がん化する可能性が高いため、内視鏡検査時に発見したポリープを切除することで、大腸がん予防につながります。当院では日帰り内視鏡切除が可能です。

虚血性大腸炎

虚血性大腸炎虚血性大腸炎腹痛、下痢、嘔吐、血便などが突然現れる病気です。以前は高齢者に多いと言われていましたが、最近は便秘の酷い若い方にも多くみられます。原因として便秘、動脈硬化(高血圧や糖尿病、高脂血症)があります。重症度に応じて「一過性型」「狭窄型」「壊死型」の3つに分類されます。診断確定および治療方針を決定するために、下部内視鏡検査が必須となります。鑑別すべき他の病気は憩室炎、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などがあります。虚血性大腸炎はS状結腸から下行結腸に発生することが多く、粘膜の発赤、浮腫、出血、びらん、潰瘍などが見られます。治療は一過性型では絶食・点滴を1週間ほど行うことで治癒します。再発予防に血圧や便秘のコントロールが重要です。狭窄型や壊死型では手術が必要となります。

大腸脂肪腫

良性の腫瘍で、発生頻度は約3%とされています。基本的に治療は不要で、定期的な観察を行う必要があります。

直腸カルチノイド

消化管腫瘍でも珍しいもので、10mm未満の場合には転移の心配がほとんどありませんが、それ以上の大きさになるとリンパ節や肝臓への転移を起こしやすくなるとされており、腫瘍の大きさで良性と悪性に分かれるため、治療方法も大きさによって変わってきます。「カルチノイド」は「がんのようなもの」という意味ですが、がんの1種と考えてしっかり検査と治療を受けるようにしてください。

大腸憩室症

大腸カメラ憩室はポケット様大腸の壁が外に飛び出たもので、内視鏡で観察するとへこんだくぼみとして見えます。憩室ができてしまうと自然に消えることはありません。
約10%の方にあるとされており、内視鏡検査を行うとかなりの頻度で発見できます。動物性脂肪や加工肉の過剰摂取、食物繊維の摂取減少などによって、日本人にも増えてきています。
憩室自体のみでは症状がなく治療を必要としませんが、まれに憩室炎や憩室出血を起こすことがあり、その際は治療が必要となります。憩室炎では腹痛が、憩室出血では下血といった症状が現れます。
生活習慣や食生活の改善により、憩室が増えるのを予防することが重要です。

潰瘍性大腸炎

大腸カメラ大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる慢性的な炎症です。国の難病疾患に指定されており、患者登録者数は約16~17万人と報告されています。患者数は年々増加しており、発症年齢のピークは20歳代と若年者に多いのが特徴ですが、高齢での発症もあります。
慢性の下痢や下血、腹痛などの症状が慢性的に続くため、消化器病専門医や大腸肛門病専門医による適切な診断と治療が必要です。 原因はまだはっきりわかっていませんが、遺伝、腸内細菌、自己免疫反応、動物性脂肪や加工肉の過剰摂取などが関わっていると考えられており、効果的な治療も登場してきています。炎症をうまくコントロールできずにいると、大腸粘膜が継続的なダメージを受け、大腸がん発症につながる可能性も指摘されているため、下痢が続く・下血があるといった症状があったら、内視鏡専門医や大腸肛門病専門医を受診してください。

クローン病

クローン病とは、口腔内、小腸、大腸など、消化管のいたるところに慢性的な炎症をきたす病気です。
潰瘍性大腸炎とならび、代表的な炎症性腸疾患の一つとして知られています。
クローン病は、10歳代後半から20歳代の若年者に好発する病気で、発症年齢のピークは男性が20〜24歳、女性が15〜19歳といわれています。
男性と女性の患者比は2:1で、男性の方がかかりやすい病気です。
しかし、2017年現在、性差をきたす原因はわかっていません。日本における患者数は増加傾向にあります。発症に至る詳細なメカニズムは現在(2017年)も研究段階にありますが、もともと体に備わっている自然免疫系の異常反応によって炎症が引き起こされると考えられています。
下痢が続く、腹痛がある、下血があるといった症状があったら、内視鏡専門医や大腸肛門病専門医を受診してください。

直腸潰瘍

直腸下部の浅い位置に発生する潰瘍です。潰瘍から出血を起こすことがあり、大量出血を起こすケースもまれに存在しますがほとんどの場合には自覚症状が現れません。原因はまだわかっていませんが、発生頻度が高いのはご高齢の方や栄養が不足している方だとされています。

大腸メラノーシス

大腸粘膜が黒く色素沈着している状態です。大半がセンナを含む刺激性便秘薬の常用によって起こります。自覚症状はなく、大腸内視鏡検査ではじめて発見できます。刺激性下剤は大腸の粘膜の色の変化だけでなく、長期間使用により薬剤耐性ができ、便秘薬の効果が低下するため多量に内服している場合が多いです。現在、新しい便秘薬も開発されており、便秘薬の変更や見直しが必要です。

ベーチェット病

ベーチェット病ベーチェット病は(Behçet’s disease)は、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。病因、病態について探求されてきましたが、未だに原因は不明です。
遺伝素因の中では、HLA-B51が特に重視されています。右下腹部の回盲部を中心に腸管潰瘍が生じることがあり、腸管型ベーチェット病と呼ばれています。
症状としては腹痛、下痢、下血などが出現し、腸管潰瘍が進行すると出血や穿孔を引き起こし、緊急手術を必要とすることもあります。診断には大腸内視鏡検査が必須で重症度や治療方針の決定にも重要な検査です。
鑑別上問題になるのが炎症性腸疾患、特にクローン病です。腸管病変自体も鑑別に苦慮することがありますが、クローン病では腸管外症状として、関節炎、結節性紅斑、虹彩炎などベーチェット病と共通した症状が見られることがあります。全身的な症状、腸管病変の病理所見など、総合的に判断していく必要があります。
下痢が続く、腹痛がある、下血があるといった症状があったら、内視鏡専門医や大腸肛門病専門医を受診してください。

クリニック情報

診療時間・休診日

診療時間
内科 9:00~12:00
内科16:00~19:00
眼科 9:00~12:00
内視鏡検査13:00~16:00

休診日火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図

〒599-8265 大阪府堺市中区八田西町2-6-46

泉北2号線よりすぐ
泉北水再生センター(泉北下水処理場)近く、堺インターチェンジ近く

南海バス「八田西団地」停留所下車・徒歩約4分
(JR「津久野」駅前、泉北高速「泉ヶ丘」駅 南海バスターミナルより12-2系統へご乗車ください)
お車でJR「津久野」駅より約6分
お車で泉北高速鉄道「深井」駅より約7分

お気軽にお問い合わせください

TEL:072-276-5070

駐車場完備(9台)

内科|詳しくはこちら 消化器内科|詳しくはこちら 眼科|詳しくはこちら 内視鏡検査|詳しくはこちら 健康診断|詳しくはこちら 予防接種|詳しくはこちら 医療機関様へ|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら
初診の方へ 診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2019 ましも内科・眼科クリニック All Rights Reserved.