総合内科専門医と眼科専門医が連携し、幅広い内科診療・総合診療、目に関する診療をいたします。消化器病専門医・消化器内視鏡専門医が胃カメラ検査・大腸カメラ検査にも対応。コンタクトレンズ処方もいたします。

予防接種

予防接種について

ワクチン当院では、成人を対象にした予防接種として、インフルエンザ、肺炎球菌のワクチン接種を行っています。

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症がインフルエンザです。
同ウイルスに感染すると1~3日くらいの潜伏期間を経て発症し、38度以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。
併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状も見られます。
お子様では痙攣や中耳炎、稀には急性脳症を、高齢者や基礎疾患をもつ方では肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。
インフルエンザを予防する有効な手段のひとつが流行前のワクチン接種があります。毎年少しずつ性質を変えるインフルエンザウイルスは、異なるタイプが流行しますので、それに対抗するためにも、予防接種は毎年行う必要があります。
接種してから効果が出るまでに約2週間かかるインフルエンザワクチンですが、その効果は約5ヵ月間持続します。
日本の場合、例年12月~翌3月頃にインフルエンザが流行していますので、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいと思われます。

肺炎球菌ワクチンについて

肺炎は、日本人の死亡原因の第3位を占めており、とくに高齢者や基礎疾患を持っている方などが罹りやすく、しかも治りにくい傾向があります。
このような肺炎を予防するためにできることの一つが肺炎球菌ワクチンの接種です。肺炎の原因菌で最も多いとみられるのは、肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)と言われています。肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するほか、重症化を防ぎます。
また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

※肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

クリニック情報

診療時間・休診日

診療時間
内科 9:00~12:00
内科16:00~19:00
眼科 9:00~12:00
内視鏡検査13:00~16:00

休診日火曜午後、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図

〒599-8265 大阪府堺市中区八田西町2-6-46

泉北2号線よりすぐ
泉北水再生センター(泉北下水処理場)近く、堺インターチェンジ近く

南海バス「八田西団地」停留所下車・徒歩約4分
(JR「津久野」駅前、泉北高速「泉ヶ丘」駅 南海バスターミナルより12-2系統へご乗車ください)
お車でJR「津久野」駅より約6分
お車で泉北高速鉄道「深井」駅より約7分

お気軽にお問い合わせください

TEL:072-276-5070

駐車場完備(9台)

内科|詳しくはこちら 消化器内科|詳しくはこちら 眼科|詳しくはこちら 内視鏡検査|詳しくはこちら 健康診断|詳しくはこちら 予防接種|詳しくはこちら 医療機関様へ|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら
初診の方へ 診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2018 ましも内科・眼科クリニック All Rights Reserved.